検査・治療

ホーム  >  検査・治療  >  SASとは?

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。

いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。 また、高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。そのうえ、日中の眠気のために、交通事故や産業事故を引き起こす可能性があります。
ですから、患者様の症状に合わせた、適切な検査と治療が必要です。


下記のような症状は、ありませんか?


日中の眠気


大きないびき


起床時の頭痛


熟睡感がない