検査・治療

ホーム  >  検査・治療  >  禁煙治療  >  禁煙治療の流れ

禁煙治療の流れ

2006年4月より外来患者を対象に保険給付が認められ、6月からは、ニコチネルTTSも保険給付の対象になりました。
保険給付の対象者は下記の条件を満たしている方です。

禁煙治療の流れ
※ ニコチン依存症スクリーニングテスト

  • ・直ちに禁煙しようと考えていること。
  • ニコチン依存症スクリーニングテスト[TDS]
    ※が5点以上であること。
  • ・ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が
    200以上であること。
  • ・禁煙治療を受けることを文書により同意していること。

以上4つの条件に全て該当される方です。
禁煙治療は、5回の受診が必要で、12週間経過をみます。


※ Acrobatファイルとなっております。閲覧にはAdobe Readerが必要な場合があります。

標準禁煙治療のスケジュール

初回

  1. 喫煙状況、禁煙の動機を問診
  2. ニコチン依存症スクリーニングテスト[TDS]の実施
  3. 禁煙治療を受けることを文書により同意
  4. 呼気一酸化炭素濃度測定
  5. 診察、既往歴、現病歴聴取、タバコの身体におよぼす影響、ニコチン依存症、ニコチネル製剤の選択と説明
  6. 禁煙にあたっての問題点把握とアドバイス
  7. 喫煙状況や依存度、決意などから禁煙のための個別のプログラムを作成
  8. 禁煙開始日を設定

2回目~4回目

  1. 呼気一酸化炭素濃度測定
  2. 禁煙状況、離脱症状を確認
  3. 禁煙続行のためのアドバイス
  4. ニコチン製剤の選択と説明

5回目(最終回)

  1. 呼気一酸化炭素濃度測定
  2. 禁煙状況、離脱症状、禁煙継続の自信を確認
  3. 今後の禁煙継続のためのアドバイス